野島由美子ブログ

サイトトップ > ブログ > おひとりさま日記(Widow's Diary) > 新しい座右の銘#悠々として急げ 開高健さんと私
おひとりさま日記(Widow's Diary)

新しい座右の銘#悠々として急げ 開高健さんと私

 

最近、あることをきっかけに新しい「座右の銘」を見つけました。
それは、「悠々として急げ」です。(作家 開高健さんが残した名言)

 

今までの座右の銘 人生なりゆき

この言葉は10年前、夫が交通事故に遭い寝たきりになったときから、心の中に置いていた言葉です。先の見えない苦しい状況の中で、1日1日をやっとの思いで生活していたときに、たまたま出くわした言葉でした。

 

ああそうか、「人生なりゆき」だよね

 

この言葉を得たとき、私はすっと胸が軽くなったのを覚えています。誰だって、人生に何が起こるかわからないし、ただ1日1日を大切にまっすぐ生きていこう。あとは、なりゆきでいいと。

「あの時は大変だったけれど、なんとかなったね」と、息子たちと将来語り合えるようになりたいと、この言葉のおかげで踏みとどまることができたのでした。

 

おかげさまで、息子達も無事社会人となり
今は、本当になんとかなっております(感謝)

 

新しい座右の銘 悠々として急げ

これは、新しい墓石に掘る文字を探していた時に遭遇した言葉です。

私事ですが、新しく夫のお墓を建立することになり、そこに掘る文字を考えていました。
第一候補 「悠」(ゆう・はるか・ゆったりしているさまを表す)

でも、なんとなくしっくりこなくて、他にないかしらん?とネットを検索していた時に偶然とびこんできました。

「悠々として急げ」 作家 開高健さんの対談集の表題にもなっています。

開高健さんは、昭和5年生まれ 58歳でお亡くなりになりましたが、お酒・旅・釣り・女性を愛した、個人的には「無頼」という言葉が、とてもよく似合う作家さんだと思います。

 

悠々として急げ の意味

ラテン語の格言 Festina Lente からきているそうです。 

古代ローマ帝国の王様も座右の銘としていたとのこと。【ゆっくり急げ】直訳するとそのような意味らしいのですが、それを開高健さんは

「悠々として急げ」と訳しました。

言葉選びに、さすがのセンスを感じます。

個人的には「人生には限りがある。やりたいことをやれ。急げ。ただ、心持ちはゆうゆうとゆったり、時には立ち止まって行き先を考えろ」

そういわれているように思えました。

(裏表紙:この言葉を、衆庶の日常の必須心得としたいのである。と、作家さんは言っています。)

 

天からのプレゼント?

私が、こうもこの言葉に魅せられてしまったのには理由があります。

それは、夫が生前「開高健」さんの大ファンで、著書を愛読していたからです。
開高健さん=亡き夫  そんな図式が私の頭の中に生まれたのかもしれません。

こうして、これからの私の座右の銘は「悠々として急げ」になりました。また、墓石にもこの言葉を掘ってもらうことにしました。

お墓参りに行くたびに、今生きている私たちへの、夫からの励ましの言葉となることでしょうね。

 

悠々として急げ

人生には限りがある。やりたいことをやれ。急げ。ただ、心持ちはゆうゆうとゆったり、

時には立ち止まって行き先を考えろ。

と……

 

 

 

 

おひとりさま日記人気記事:50代語学ダメでも行けた!初海外女ひとり旅 ポルトガルリスボン準備編1

おひとりさま日記人気記事:50代語学ダメでも行けた!初海外女ひとり旅 ポルトガルリスボン準備編2

 

 

 

藤枝市の女性税理士事務所 野島由美子税理士事務所(藤枝・島田・焼津・静岡)
(藤枝の女性税理士のブログ)

お問合わせ

ご質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください。
トップに戻る