野島由美子ブログ

サイトトップ > ブログ > 税務会計情報 > 年末調整雑感 源泉徴収票を大切にすることは、自分の人生を大切にすること
税務会計情報

年末調整雑感 源泉徴収票を大切にすることは、自分の人生を大切にすること

12月も後半に入りましたね。
例年のごとく年末調整事務にいそしんでおります。

毎年この時期になると、顧問先さんの役員さんや従業員さんの1年間の収入、扶養家族、入っている保険などを確認する作業をいたします。そうすると、仕事をしながらいろいろな思いが浮かんでくるのです。

 

扶養控除等申告書から見えてくる

サラリーマンの皆さんはお分かりになると思いますが。「扶養控除等申告書」を毎年勤務先にご提出されますよね。ご自身の住所や扶養家族の氏名等を書く書類です。

それを拝見しますとね

◆ご高齢の親御さんがいらっしゃって大変だなあ
◆このご家族には今年赤ちゃんが生まれたのね! おめでたいな
◆シングルマザーがんばってほしいなあ(私もシングルマザーだしね 汗)

など、ついつい仕事をしながら思い入れが入ってしまうのです。

1人として同じ人間模様はなく、皆さんそれぞれに人生を歩んでおられる。その糧である「お給料の数字」を扱うものとして、身の引き締まる思いで仕事をしています。

保険料等申告書から見えてくる

今度は、加入されている生命保険や地震保険の控除証明書を確認します。そうすると

◆ 保険に全然入っていない方
◆ 逆に、いろいろな契約に入っておられる方

本当に千差万別です。保険に対する考え方も、まちまちだなあと感じます。(いいとか悪いとかではないです。)

 

1年間のお金の流れを把握しよう

サラリーマンの方は、毎月の給与から天引きで所得税・住民税・健康保険・年金が控除されております。「年末調整」とはその年の所得税を確定する業務ですが、「会社(雇い主)」がすべて代行しますので、特にご自身で計算はする必要はありません。

そこには便宜性というメリットはあると思います。でも、私は、デメリットも生じていると感じています。

要は
すべて天引きされて手取りだけでもらうので、税金等を支払っている実感がない

のではないでしょうか?

そこで、年末に渡される「源泉徴収票」をよくご覧になってください。そこには本来の年収と、そこから引かれている「社会保険料」「所得税」が記載されています。

お~~!
こんなに高いんかい!?

などと改めて実感されるのではないでしょうか?

その実感から、「税金や社会保険料」についての関心をお持ちいただいて、なおかつ今後のご自身(ご家族)の生活設計に役立てていただければと思います。では、次に具体的にどうすればよいかご提案したいと思います。


1年間で自由に使えるお金を把握しよう

非常にざっくりですが、源泉徴収票からご自身の1年間に使える「お金」が見えてきます。

支払金額(いわゆる年収ですね。非課税通勤費は除かれています)- 社会保険料の額 - 所得税額 =A

A-住民税額-固定資産税等の税金=B ※住民税・固定資産税等はご自身でご確認くださいね。

B → 1年間で使えるお金 

B-各種保険料・家賃や住宅ローン・お子さんの学費・携帯電話・水道光熱費など固定的にどうしてもかかるお金の1年間の合計=C

【ポイント】Cからできれば1年間で貯めたいお金をあらかじめ引いておくといいですね。

なかなかお金が貯まらな~いという方、ここで貯める予算を組みましょう!!

C- 1年間で貯めたいお金=D

D=1年間で自由に使えるお金(ご自身の裁量でという意味)

D÷12か月=1か月で自由に使えるお金(生活費等)※ここのやりくりはご自身の裁量でなんとかなります。

もし、このお金のやりくりが難しいというときは、前述の保険料・電話代・光熱費等の見直しや節約も必要かもしれませんね。

 

このように、源泉徴収票とは単なる税金の計算表ではなく、ご自身の人生設計に役立つ情報がつまっております

 

源泉徴収票を大切にすることは、自分の人生を大切にすることだと 私は思います

 

藤枝市の女性税理士事務所 野島由美子税理士事務所(藤枝・島田・焼津・静岡)
(藤枝の女性税理士のブログ)

お問合わせ

ご質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください。
トップに戻る