野島由美子ブログ

サイトトップ > ブログ > 税務会計情報 > 知っておきたい事業承継ストーリー その6
税務会計情報

知っておきたい事業承継ストーリー その6

6 親族外への承継 (2) M&A

 

さて
6回にわたった事業承継シリーズ、今回が最後です。

 

今や大企業だけでなく中小企業間でも 多く行われるようになった
M&A

 

M とは Mergers     合併
A とは Acquisitions    買収   の略です

 

近年 なぜこのM&Aが急増しているかというと

 

・経営者の高齢化や後継者の不在  → 会社を売らざるを得ない

・M&Aがいい意味で周知されてきた  → 以前は企業乗っ取りのような悪いイメージがありましたが
 このごろは 一種の経営手法 という方向へ イメージが変化してきたようです

大きな資本の傘下に入ることによって、持っている株式を現金化でき、経営の継続拡大も期待され
従業員の雇用も維持される という効果が期待できますね

 

恥ずかしながら私は M&Aについての知識が全くと言っていいほどありませんでした。
しかし
今後は私のお客様にも 関係してくるのではないか?と考え

 

今年研修に行って参りました。

それが これです。

 

2日間 のべ12時間研修でした

正直申し上げて この時間研修しても
とても太刀打ちできないと
ひとりの税理士の力では とてもできないと
そういう感想でした

 

しかしながら M&Aの概要 段取り は ある程度理解できたので
それだけでも収穫かと

お客様に概略だけはお話しできるようになったかと思います

 

それでは 本当にざっくりした M&Aの段取りです

個人的に「お見合い」に似ているな~と思いました

まさに、会社と会社とのお見合いです

 

<事前準備> お見合い相手を探す

・買い手と売り手のニーズをつかむ  条件のすりあわせ
(合いそうな会社をみつける)

→ その段階で必要なのが 売り手会社の 企業価値の算定 企業概要書の作成

(いわゆる 経歴書・履歴書みたいなものですね)

 

<条件交渉> どういう結婚をお望みか?

・売り手ニーズの把握
   株主の希望   売却価格やそのほかの希望条件の把握

・買い手ニーズの把握
     売り手会社から示された 企業概要書の精査
     いくらの価値をつけるか?

  そこでお見合いがうまくいけば (価格や条件が合意に至れば)

<契約>  ご結婚!

・契約書の作成
・契約
・株式代金の支払い 経営者交代 など

 

  残念ながらお見合いがうまくいかなければ 破談 ……

 

 

ざっくり このような流れになると思います。

 

ただ、言えることは 将来的にM&Aをお考えの場合には
できるだけ 会社の価値を上げておくこと
すなわち 会社の内部留保額を上げておくことが必要ではないか?
と個人的に感じました。

 

もちろん 必要以上に内部留保をためることはありませんが
基本 会社の純資産額がマイナスのところには
よほどの収益力や技術力などがないと 買い手がつかないのではないか?
と思いました。

 

この点を ご考慮の上 ご自身の会社の将来をお考えいただければと思います

 

前述の研修で このような立派な修了証書をいただきました

 

今後も 「お客様に寄り添う」 という 事務所の経営理念にそって

自己研鑽につとめます!

 

事業承継シリーズ 合計6回 お読みいただき

ありがとうございました

Photo:北海道 十勝ばんえい競馬

藤枝市の女性税理士事務所 野島由美子税理士事務所(藤枝・島田・焼津・静岡)
(藤枝の女性税理士のブログ)

お問合わせ

ご質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください。
トップに戻る