野島由美子ブログ

サイトトップ > ブログ > 税務会計情報 > 知っておきたい事業承継ストーリー その2
税務会計情報

知っておきたい事業承継ストーリー その2

2 事業承継計画をたてる

 

さて

第1回目で 会社のゆくすえについての「ビジョンや思いを整理する」ことの大切さを述べました。

 

そのうえで、ご自身の「思い」に沿った「事業承継計画」をたてましょう。
「計画」といっても、最初はざっくりでいいと思います。

 

現在会社のおかれている様々な問題点や課題を踏まえながらも
あるべき理想のリタイヤへの道すじを、「事業承継計画」に落とし込んでいきます。

 

<事業承継計画具体例:息子様へ承継する場合>

 

  そもそも 事業とは  経営 と 財産 のかたまり と考えます。

 

上記の場合は

まず 5年後に経営の移譲 10年後の財産の移譲を行い、事業承継が完了します。

 

このような例が、社長様にとっても会社にとっても理想的でしょうが、そこは、なかなか理想どおりにいかない現実があります

 

それでも、残念ながら廃業やM&Aなどをお考えだとしても、現在の思いを図式化(見える化)していただくことで、きっと何がお気づきになることと思います。

そして

その「気づき」から、何か行動に起こす必要性をお感じになるのではないでしょうか。

 

次回以降は

残念ながら「廃業」を選択せざるを得ない場合

親族内への承継

親族外(たとえば従業員さん)への承継

M&A

という4つのストーリーについて、私なりにまとめた記事を順次ご説明していきたいと思います。

Photo:北海道 富良野

藤枝市の女性税理士事務所 野島由美子税理士事務所(藤枝・島田・焼津・静岡)
(藤枝の女性税理士のブログ)

お問合わせ

ご質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください。
トップに戻る