野島由美子ブログ

サイトトップ > ブログ > 女ひとり旅 > 50代女ひとり旅 国内編#星野リゾート界アンジンに泊まってみた。その1
女ひとり旅

50代女ひとり旅 国内編#星野リゾート界アンジンに泊まってみた。その1

一度でいいから
星野リゾートに泊まってみたかったのです。

今や日本全国のみならず、海外にもその名を轟かせている「一大リゾート企業」
そのサービスとはどんなものなのか?

旅館業が衰退する中、その再生事業に早くから取り組み、成功させている肝はどういうところなのか?

ある意味、一種の野次馬的な興味をもって6月上旬に行って参りました。

 

星野リゾート界アンジン

行った先は、静岡県伊東市にある「星野リゾート界アンジン」でした。
今年3月にニューヨーク旅行に行く予定が、思わぬ病にてキャンセル(泣

そのときに使う予定だったJTBのトラベルポイントが結構残っていたので、そのポイントで、たまにはいいよね~~と、ぜいたくひとり旅でございます。

私の住んでいる藤枝市から、約2時間

着きました。

建物は黒塗りの、一見「マンション風」

やっぱり最初が肝心ね

およそ、人が旅に出かける目的は
家族、恋人同士、私のようなおひとり様でも共通して言えることは

非日常を味わいたい

という要素があると思います。

また、私にとっての今回の旅は、宿泊先にはこだわったものの、そのほかはNOプラン旅

ゆっくり日常を忘れてくつろぎたかった

そのように思っておりました。

ですので、宿泊先に着いた時の「わくわく感」が大事だなと。
どんな「おもてなし」が待っているのかしら?という期待感を持たせてもらえるのは重要ですね。

その点、アンジンさんにはその期待感を十分もたせていただきました。

具体的にどんな点かと申しますと

ホテルの入り口にスタッフが待機しており、名前を伝えるとフロントまで案内してくれた。
(え~!?普通フロントに行ってから名前を言うのに、その前から待っていてくれて嬉しい。)

チェックインはフロントではなく、ロビーのソファーにてウエルカムドリンクを飲みながら待っているだけでいい。
(私だけのために、気を配ってくれているのね的な満足感)

そのようなマニュアルがあるのでしょうが、また、そういうホテルはほかにもあるでしょうが
とくに私のような「おひとり様」旅行では、そういう心配りがことのほかありがたかったのです。

(それにね、マニュアルはあるにせよ、アンジンさんのスタッフは常に自然な笑顔で、言葉遣いも穏やか。上からの指示でやらされている感が全くなかったです。)

それにより、

 

私は大事にされている

 

という安堵感を持つことができました。

(これ大事だと思うのです。最初が肝心。お客様のこころをつかむ。)

まさに、最初が肝心ね!です。

部屋の様子

期待感と申せば、やはり部屋の様子も大事ですよね。


全室オーシャンビューとのことで、相模湾が一望できる部屋に通されました。

あ~~

なんかいい感じ!!!

こうして、私の久しぶりの「おひとり様」旅が始まりました。

 

つづく……

関連記事: 星野リゾート界アンジンに泊まってみた。その2

      星野リゾート界アンジンに泊まってみた。その3

 

 

人気記事:50代語学ダメでも行けた!ポルトガルリスボン 準備編1

     50代語学ダメでも行けた!ポルトガルリスボン 準備編2

     リスボン旅シリーズ1

     リスボン旅シリーズ2

     リスボン旅シリーズ3

     リスボン旅シリーズ4

 

 

 

藤枝市の女性税理士事務所 野島由美子税理士事務所(藤枝・島田・焼津・静岡)
(藤枝の女性税理士のブログ)

お問合わせ

ご質問・ご相談は
お気軽にお問い合わせください。
トップに戻る